風の森通信 第2026号


みちのくも春本番


 旅からの帰り道、大崎市川渡(かわたび)と加美町に立ち寄ってきました。
最初に訪れたのは川渡温泉にある江合川の河川敷で、あたり一面に菜の花畑が続きます。
風が吹く度に黄色の絨毯が波打つようにみえてきます。

堤防にはソメイヨシノも満開でした。
今年は菜の花と満開の桜を一緒にみることができ、遅いみちのくの春を満喫することができたのです。

 川渡に行ったら名物の「くるみ豆腐」を買ってくることは外せません。

値段は少し高めですが、上品な胡桃味でお土産にも最適な一品。

 加美町月崎にある内海宗家の「種まき桜」
桃色に色づいた花がちよど満開となっていました。開花時期が農作業開始の目安になっていたことから、種まき桜の愛称が付いているようです。

 この桜は町指定の天然記念物となっていて、幹周り5m、樹高10mで樹齢300年のソメイヨシノでした。
しかし知名度も低く、訪れる人もまばらです。
樹上の洞穴にはフクロウが毎年子育てをしているそうな。

 加美町にはこれとは別ニもう一つの「種まき桜」が有ります。
場所は柳沢的場にある長泉院の桜の木です。

この桜も町指定の天然記念物となっていて、幹周り約6m、樹高18mで樹齢300年以上のソメイヨシノ。
幹の太さに驚かされ、近くで見てみると自然は凄いの一言です。


 前回のお稽古は透木釜での後炭手前、五角盆を使っての盆点そして流し点薄茶でした。
来週は灰形作りと齋藤先生より予告がありました。
灰匙を持参し、皆で風炉に向かってきたいと思います。
 

和の学校仙台分校へどうぞ


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ