風の森通信 第2029号


第八回臥牛会現代書展


■会期 平成28年5月17日(火)~22日(日)
■会場 仙台市青葉区一番町 仙建ギャラリー

 臥牛会は毎年五月に仙台で、十二月には東京の鳩居堂で書展を開催されています。
代表の佐々木祐一先生や、元職場の先輩の熊谷さんの作品に出会えるとても楽しみにしている書展です。
会期の最終日に伺ってきました。
写真撮影は佐々木先生にご了解を得て、手持ちのスマホで撮影させていただきましたが写りが悪く申し訳ありません。



佐々木祐一氏
自作  木蓮の道
風吹き抜ける丘の道一面に甘い香りを漂わせ・・・

 背後の黒の水平線が空と大地の境目に見えます。構えが大きくゆったりと書かれた木蓮の道の字が、まるで大地に根を張っているかのように見えてきます。筆の遅速の変化が見る者の眼を釘付けにいたします。



中島緋紗絵氏
自作  空の隙間から白い便りが届きましたよ おさむいですこと

ろうけつ染めの手法が取り入れられている個性的な作品でした。一字一字に深みと温もりを感じとることができます。 
届の左上の白い点が大きなボタ雪にも見えてまいります。



斎藤紀江子氏
於もへど无な保うとまれぬ者る可須み
可ゝらぬやまの あらしとお无へ者

 かなの字形の動きがよくとらえていて、全体的な明るさまで感じ取れる作品でした。 



長瀬和子氏
島崎藤村の詩
はなのむらさきはのみどりうらわかぐさののべのいと
たくみをつくす大機の梭のはやしに きたれかし

 鮮やかな筆の運びで墨継ぎの変化を楽しむことができました。
背後の淡いピンクの生地は長瀬さんお手製だとお聞きしました。
そのせいでしょうか文字全体が生地に映えております。



渡部眞紀子氏

 すっきりしていて文字の大らかさが感じられ、また空間の使い方もうまい作品でした。
紙の繊維も見えていて作品の厚みさえ感じられます。
 


熊谷喜美雄氏
自作 震災追想

平成二十三年春妙に郭公の啼き声が耳につく暖かな日が続いた
小鷺の数も海岸線を中心に多く観られた白鳥は
体内磁石を失ったように行方定まらず乱れ飛んだ
自然界は人間が忘れた凶兆をいち早く知る能力を持っていたのだろうか
三月八日
大地は
一度震えた


 元職場の先輩である熊谷さんの作品を前にすると、東日本大震災と二日前の前震が思い出されます。その揺れはちょうどお昼頃であったろうか・・私も高速道路のパーキングに車を停めた時の大きな揺れであった。
熊谷さんの人柄が滲み出た丁寧な作品に心打たれます。

 今回は都合により熊谷先輩の慰労会はできませんでしたが、次回はゆっくり盃を傾けながら書の話でひと時を過ごしたいものです。 



 十四日のお稽古は後炭手前、盆点と総荘り。翌日から研究会に東北ゼミとお茶漬の一週間となりました。
また先日二十一日は台子初炭手前、行之行台子そして台子薄茶点前のお稽古でした。
本日は瑞鳳寺での月釜の一席目に入らさせていただきました。学校茶道でお世話になっている麻本宗澄先生と松本宗眞先生のお席でした。
翠の風が入り、鶯の声が聴こえてくる爽やかなお席でございました。
松本先生席

    床  鵬雲斎大宗匠筆  風送泉聲来
     棚    淡々斎好 溜精
     薄器   杜若蒔絵平棗
     茶杓   淡々斎作  銘 薫風

     茶    青松の白
     菓子   はつなつ
     菓子器   青海盆


和の学校仙台分校へどうぞ


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ