風の森通信 第2044号


仙台七夕


 仙台七夕は藩祖伊達政宗公の時代から続く伝統行事として受け継がれてきました。

 東日本大震災の年からはじまった小・中学生の児童生徒による折鶴七夕は今年で5年目。
天の川に願いを届けるみんなの希望の七夕飾りです。


88,000羽の折鶴七夕(藤崎デパート前)


 アーケード内に飾られる吹流しより、青空の下で風に流される七夕飾りが私は好きです。
以下の写真は一番町の七夕飾り。






 先日のお稽古は初炭手前、大蓋そして貴人点薄茶でした。
来週のお稽古には以前齋藤社中の一員だったTさんが来仙され飛び入り参加予定です。
娘さんもご一緒とのこと今から楽しみです。


和の学校仙台分校へどうぞ

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ