風の森通信 第2073号


味噌作り



 今年も味噌を仕込んでみました。
「あやこがね」という品種のは大豆2kgを寸胴鍋で煮込みます。


ストーブでことこと煮込んでいるといい香りがしてきます。
やわらかくゆであがった豆を少し冷まして「ミートミンサー」でつぶします。


洋菓子の〝モンブラン〟のように大豆が押し出されてきます。
つぶした大豆の温度が人肌になった頃、50cmの大きなステンレスボールの中で2.4kgの米麹と塩800gを一緒に入れ、あとはていねいに混ぜるだけです。


最後は厚いビニール袋に入れ、空気をできるだけ抜いてからホーロー鍋に入れます。ゴムで縛ったビニール袋の上に約1kg程度の重しを乗せ、冷暗所で秋頃まで保管して完成を待ちます。

 先週すでに一度仕込んでいますので、合計10.4kgの材料と水で仕込んだことになります。
家では毎朝夕味噌汁を飲んでいるので結構の年間消費量です。昨年は大豆3kgを仕込みましたがそろそろなくなりそう。友人たちにプレゼントするためには、もう一回追加して作らなくてはならないようです。

 自分が食べるものは自分で作るのが私流。
大豆を家庭菜園で作ったり、米麹も自分で作る事もいずれやってみたものです。今の自分が夢中になれる物事をやっていけたら本望です。


和の学校仙台分校へどうぞ


コメントの投稿

非公開コメント

No title

とても興味深く拝見しました。熟成・発酵食品にこの頃目に行きます。昔の人々の知恵を家庭にも取り入れての「面倒に思わずにマデに食を追求」されていることに素晴らしいご生活と拝見した次第です。お味はいかがでしょうか?たのしみですね~味わってみたいものです。純

麹菌を使って。

岩井先生
 こんばんは。
私は日本の国菌である「麹菌」を使った食材作りに凝っているところです。
野菜作りを始めてからお味噌も作ってみたいとなったものです。
 タニカの〝ヨーグルトメーカー〟が有るのでその稼働率は高く甘酒や塩麹他にカスピ海ヨーグルトなども作っています。
 お味噌はヨーグルトメーカーは使いませんが、麹を大量に入れるので麹の旨みが出てとても美味しく作れます。それに添加物もないので安心して頂けます。
材料は大豆、米麹そして塩のみで、作り方も至って簡単なので毎年作る事にしています。
ちょうど今頃仕込こんで秋口頃から頂けるようになります。三斗缶分作りましたので、出来上がったころお持ちしたいと思います。
しばらくお待ち願います。
コメント誠にありがとうございました。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ