風の森通信 第359号


私はそして人類は?

 昨年末から今日まで多くの訃報が届いた。
例年、年末にかけて喪中挨拶のハガキをいただくのだが、昨年はいつもの年の倍以上のハガキが届いた。友人や知人のお父様やお母様がお亡くなりになったというものがほとんどであった。
今日も先輩のお兄様が正月明けに急逝され、午後から告別式に出かけてきた。
知らせを受けたりお参りをしてくる度に、私は今人生のどのあたりなのだろうかといつも考えてしまいます。

 昨年末に気の合う仲間たちとの忘年会で、これからの人類についての興味ある話になった。
現在人類の抱える大きな問題として、貧富の差や地球温暖化、石油の枯渇そして砂漠化、人種差別、宗教間対立などの問題が山積している。
そしてそれ以上に深刻で、それらの根本原因といわれる人口の増加についての問題が出された。
地球上の人口が64億人を越え、1年で約8千万人の増加しているといわれる。50年前は25億人。あくまでも推計ではあるが20年後には約80億人となり、100年も経たないうちに約3倍以上の人口に達することになる。地球ができてから1種族がこれまで数が増えた例はないとさえいわている。ジュラ紀の恐竜の繁栄、そして絶滅した話が引き合いに出され、恐竜と同様何らかの原因で人類は一気に減るのではないかと。
では、何が原因でそうなるのだろうと熱が入った。
一つは「旅ねずみは海へむかう」という本を読んだ友人の話。
餌のある土地を求めてねずみたちが移動していく話で、当然ねずみたちが来たところは草一本残らない荒地になってしまう。そしてまた別の土地の食料を追い求めて、ねずみたちが集団で移動して歩くというもの。
そのとき先頭に立つねずみが問題になってくるという。
そのねずみが誤った方向を指そうものなら、後で間違っていたと気づいても、あとからあとから押し寄せてくるねずみたちに抗しきれなくなって、最後には海に突き進んで総てのねずみが溺れて死んでしまうというお話のようだ。
ねずみを人間に置き換えればすぐに分かるだろうか。
一度私もこの本を読んでみたいと思っている。

 もう一人の先輩はウィルス説を挙げた。
1980年頃に症例の報告があったエイズウィルス、数年前から報道されはじめたエボラ出血熱や鳥インフルエンザ、それにО157などの新種のウィルスによって人類は滅びるのではというものであった。
一本の木を人類に喩えて話をしてくれた。
新しいウィルスが発生しても、これまでは人間が開発した新薬でそれらを克服してきた。それに対してウィルスたちは、その新薬に対する抗体をもった新種のウィルスが突然変異を起こし、より強力なウィルスが生まれてまた人類を苦しめていくというものであった。両者はお互いつぶし合いながらその先へ先へと進化していくという。
結局その行き着く先は木の天辺までいってしまい、人類が最終的に新薬をみつけられず、地球上の人類は総て死ぬのではないのかというストーリーであった。
両説ともだれでもが感じていることで一致した。
では今我々は何をしなければならないのかの話になった時、DNA改造説や国連による人口抑制宣言、そして私からは文化付加価値説、後輩からは宗教崇拝説、そして別の友人からは100年毎の戦争説すら出されて話が大きくなりすぎてまとめることもできず、話が途絶え酔いも一気に醒めてしまいその場をお開きにした。
外に出てみると一番町のネオン街は、多くの酔っ払いでごった返していた。人類がどうなるのかなどまったくお構いなしなのだ。
私たち五人もカラオケに場所を移して飲み直し、大きな声でいっぱい歌いそして踊り楽しくやってきたのです。

 新年会を先日また同じメンバーでやったが、この話題をだれも口にする者はなく、今回のテーマは「メタボリックとは言わせない!」で大いに盛り上がりました。

和の学校仙台分校へどうぞ

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ