風の森通信 第2107号


高森市民センター祭 春蘭茶席


■日時:平成二十九年九月二十三日(土)午前十時~
■場所:仙台市泉区高森市民センター 和室

 床   鵬雲斎大宗匠筆  満天瑞祥
  花    矢筈芒、秋明菊、藤袴、秋海棠、萩、ホトトギス、水引
  花入  白釉偏壷        岸野寛造
  香合  柿


 御園棚にて
  釜    冨士釜           佐藤清光造              
  水指   萩 窯変          大野孝晴造        
  薄器   金銀唐松蒔絵大棗
        鵬雲斎大宗匠在判箱  川端近左造
  茶杓   泉田凌雲老師昨  銘 櫂のしずく
  茶盌   唐子遊           川瀬満之造
    替   銀彩 桔梗絵       浅野紫仙造
    替   竹霞           加藤清峰造
    蓋置 和になって         オランダ デルフト製       
    建水 色絵           ポルトガル製
  御茶   芭蕉の白         芭蕉園詰 
  菓子   お月見まんじゅう     白松が最中本舗


 蓋置は三人形(みつにんぎょう)かと思ったのですが、よく見ると沢山のお人形が手をつないだ蓋置が使われていました。
帽子を被った子供たち八人が手をつないでいる姿です。
〝和になって〟という銘でオランダデルフト製の蓋置。
佐藤先生がオランダに行かれた折、蝋燭立てとして飾ってあったものを求められたそうです。
皆が手を取り合って平和でありますようにとの願いが込められておりました。

 お席のテーマは〝お月見〟だったでしょうか。
花入の偏壷がまん丸でお月様、天に輝く星々で一人ひとりが輝いてくれます。
菊の花を真綿で覆って夜露と香りを移しとり、 翌朝しずくが滲みたその真綿で体や顔を拭えばお肌が輝くといわれているとか。
秋の草花に囲まれ楽しいお月見のお席でございました。
来年のお席も楽しみでございます。


和の学校仙台分校へどうぞ


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ