FC2ブログ

風の森通信 第2114号


書の暦 師走


佐々木祐一筆   師走


“走”るという字がまるで勢いよく駆けていくようにも見えます。



壺中天


一番右の字が“壺”、その左が“中”そして左下が“天”
左側にいる人が壺に向かって歩いて、そのあと階段をよじ登って壺の中に入ってしまうのではないかと見えてきます。

壺中(こちゅう)とは壺の中の別天地、仙境のことでありひいては悟りの妙境。
翻って私自身に置き換えてみると、壺中という限られた狭い空間で右往左往しながらあくせく働いて生きている自分の世界なのかもしれません。しかし壺の中での心の持ち方で、単なる混沌とした器の壺であったり、仙人のすむ仙境であったり、悟りの妙地となるのであろうか。
人として生きている限り、全ては心の持ちうようなのかもしれない。




和の学校仙台分校へどうぞ
 

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大と、ヘルマンハープ演奏にも取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しそして癒しの音色などもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ