風の森通信 第363号


 日の丸棗


 今日のお稽古で、初めて見るお棗(なつめ)に出会うことができました。

photo_19012701.jpg

「日の丸棗」というもので、特徴としては内外とも朱塗りの小ぶりな丸棗です。
お塗りは根来(ねごろ)であろうか。
圓能斎(えんのうさい)好みの薄茶器で、めでたいお席や宇宙をテーマにしたお席でお目にかかれると先生に教えていただきました。
そう云われてみると、丸くて朱色に輝くお棗は小さな太陽のようにも見えてきます。
お茶杓を丸上部に置くのも特徴でしょうか、置くのには細心の注意が必要なのです。
帛紗を使い二引きで清めます。
拝見で手にとってみると丸い形なので、お茶室全部の窓の明かりが小さく白く映ります。手の中にあるお棗の中にも一つの小さな世界がありました。
日の丸棗を定座にそっとお返ししたのです。

今日のお稽古は炭所望、和巾点(わきんだて)そして貴人点薄茶。


 「お茶杓の銘は」
 「松籟(しょうらい)と申します」


吹く風もまだまだ寒いこの季節。
先生のお茶室の近くには松の木があるのでしょうか。
松の木に吹く風の音がお手前をする席まで聞えてきます。

次回のお稽古からはもう大炉の季節です。
そして来週はブログ「風の森通信」がスタートしてちょうど一年目にあたります。


和の学校仙台分校へどうぞ

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ