風の森通信 第2066号


浄雪浩徳


 先週日本海側に大雪が降った後、米沢に住む甥の葬儀に行ってきました。
去年の暮れには利府に住む甥の葬儀を終えたばかりだったのですが、一カ月が過ぎまたこうして親族が集まろうとは信じられないことでした。


駐車場は汲み上げた井戸水を使って消雪パイプが設置されていました



屋根から垂れ下がったつららは長さが約2メートル近くあります


 二人とも急な病に倒れあっという間の出来事でした。
残された奥様や子供たちが不憫でなりません。
米沢では小三の女の子、幼稚園年長の女の子そして一才の誕生日を迎えたばかりの女の子三姉妹。お父さんの顔を見ては何度も「パパ・パパ、、、」と泣き続け涙を誘うものでした。

 二か月間に続けて甥二人を送ろうとは・・・やはり辛いものです。
人間は誰でも必ずいつか死ぬことは分かっています。
そのことは理屈として誰でも理解しているのだと思うのですが、それを身近に迫る現実として認識しているかどうかは人によるものなのでしょうか?
義母が亡くなる2年前までは、日本の長寿大国の一員として生きていることが当たり前で、死ぬということをどこか遠い世界の話のようにしか私は思っていなかったかもしれません。
しかし現実的に、義母が亡くなりそして立て続けに甥二人がこの世を去り、死に対する実感がこんなに簡単に続けて起きる怖さを感じています。
単純に次は自分かもしれないと身に迫る現実の恐怖。

〝小寒の氷大寒に溶く〟
小寒よりも大寒のほうが暖かく氷が溶けてしまうという諺が心に沁みこんできます。物事が必ずしも順序どおり進まないことのたとえでしょうか。
最近私の周囲では順番どうりに行かない事ばかりで面食らうことが多過ぎます。
いずれ私も帰るべき野。それにしても甥たち二人を先に送ろうとは予想だにしなかったこと。

 人は別れがあるからこそ、人のために尽くすことができるのだと思っています。人に尽くすという一つの徳を積むことによって、いずれ先立った甥たちが優しく出迎えてくれるのだと私は信じています。
春は近いとはいえまだ寒さが続くようですので、体には気をつけていきたいものです。



和の学校仙台分校へどうぞ



風の森通信 第2065号



初稽古



     釜からの湯気立ち昇る初稽古  2017/1/14 冨樫 通明



 今年初めてのお稽古は唐物でした。

 お薄は今年の干支の〝酉〟絵柄のお茶碗です。




 京焼でしょうか。
長嶋さんに点てて頂きました。
12年前にもお目にかかっているはずなのですがどうも思い出せません。
次回お会いできる12年後はさて・・・

 ところで十二支を漢字できちんと書けますかと齋藤先生からいわれて、自信がありませんでしたがなんとか書くことができました。
子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の12種。
「酉」は漢字の読みとしては「とり」ですが、意味は「にわとり」と先生から教えて頂きました。

 それに「亥」に当てられるのは本来は豚であって、日本での猪は十二支普及圏の中では特殊なようです。漢字の「猪」は中国では豚も含めた言葉とも。
日本では古くは豚を「亥」と呼んでいましたが、豚を飼う習慣が一時廃れ豚がいなくなると猪を「亥」と呼ぶようになったようです。
知らない事がいっぱいあるものです。


和の学校仙台分校へどうぞ


風の森通信 第2064号


啐啄同時


 一月七月(土)、斎藤社中の初釜です。

待合広間のお床

  宗雲老師筆  啐啄同時 


力強く元気のいい鶏が卵の殻を突いています。

 親鶏が卵を抱いておよそ二十一日、いよいよ卵がかえる時、雛が中から殻をつついて音をたてるのを「啐(そつ)」と言い、その時すかさず親鶏が外から殻をつついて破るのを「啄(たく)」と言います。
この「啐」と「啄」が同時に起こり、初めて雛が誕生します。どちらかが早すぎても遅すぎても雛は誕生できません。

 古くから禅の世界では、弟子の機が熟すのを見極めた時に、師である高僧がすかさず教示を与えて悟りに導くという両者の関係を「啐啄同時」という言葉で表してきました。
相手の思いを感じ、その瞬間に誠心誠意の対応をする「啐啄同時」の関係は、人と人とが関わるあらゆる場面において欠かせないものです。
 茶席においても亭主と客とが心を通わせピタリと呼吸が合い素晴らしいお席になります。
まさに、「啐啄同時」ではないでしょうか。
後輩たちに齋藤先生から茶名申請のお話がありました。



和の学校仙台分校へどうぞ


風の森通信 第2063号


平成二十九年 丁酉 ひのととり


 仙台は晴れで暖かな新年を迎えました。
庭に出て太陽に向かい二拝二拍手そして一拝 祓い給え清め給え守り給え幸え給え
天下泰平国土安穏心願成就

 今年も岩出山の中森先生から阿部老師の色紙が届きました。

雲中登仙



「鶏足山中久遠寿」 けいそくせんちゅう くおんのじゅ

 釈尊の入滅時、摩訶釈葉尊者はすでに九十歳を超えていた。
皆が嘆き悲しむ中、ある老齢の比丘が「うるさい人がいなくなり、我々は自由になったんだ。喜ばしいことだ」と言い放った。釈尊の正法が正しく伝持されないと、このような者が増えて教団はバラバラになってしまう。だから経(教え)と律(規則)を釈尊の金言として伝持しなければならないと王舎城に五百人の阿羅漢を集め結集を行った。
結集が終わると摩訶釈葉尊者は、教団の後のことをすべて阿難尊者に託して、一人鶏足山(けいそくせん)中に消えて行った。

 伝説によると、遥かな未来に出現するという弥勒如来に釈尊の付属を伝えるため、涅槃に入らず入定し、その身体は今でもマガダの鶏足山の山中に保たれてるという。
 真実に生き、あらゆる人々に捧げんという願いは人知を超えてこの世を覆う。人間社会の幸福に資する願力こそ、混迷した世の中に光を、無責任きわまりない施策ぶりの輩に必ずやメスを入れるものであるということを畏れなくてはならない。無言無形を侮り貧り生きる時、永久の生命の意味すら其処には無い。

                     臨済寺専門道場  阿部 宗徹


 老師の最後のお言葉は、現代に生きる我々に警鐘を与えています。
無責任きわまりない施策ぶりを、一人ひとりが今考えなくてはなりません。



和の学校仙台分校へどうぞ


風の森通信 第2062号


今年最後の野菜収穫


 今日の仙台は晴れで雪もなく暖かい一日でした。
鈍っていた体に活を入れるため、久しぶりに家庭菜園に行ってきました。
以前親戚の義姉から“菊芋“を送ってほしいといわれていたのを思い出し、雪が降る前にそして今年中に掘っておこうと気合を入れていざ!!

 菊芋の高さは約3mにもなり生命力の強い植物です。
10本の茎から収穫できたのが約6Kg。小ぶりなものでしたがいつもこんなところでしょうか。



 菊芋の最大の特徴は主成分であるイヌリンが、“天然のインスリン”とも言われるほど血糖値を下げる働きをすることで知られています。つまり菊芋は糖尿病の予防や改善にも大きな効果を発揮することが期待されるわけです。
イヌリンの特徴は他に腸内環境を整える働きもしていて、腸内にある糖質も体の外にスムーズに運び出して、便秘の改善や脂肪肝の予防や改善が図られます。
また菊芋にはポリフェノールも含まれているので抗酸化作用の働きが強く、老化を早める活性酸素の働きを阻害そして抑制してくれる働きもあるため、美容と健康そしてアンチエイジングにと私たちの毎日の健康に大きな効果のある健康食品といえると思います。
それにペクチンも含んでいることもあって、私たちの体内に取り込まれた重金属や放射能物質を体内から除去する作用もあると、震災後話題になっているようです。
菊芋は畑で簡単に収穫できる野菜ですから、薬と違って副作用は全くありません。今の日本人にとってまさに奇跡の健康食材・除染食材として育てていかなくてはと考えています。

 簡単な調理方法として、味噌漬にしたり塩麹漬にして頂きたいと思っています。面倒なことといえば皮ごと漬け込むため、亀の子たわしで土を丁寧に取り除くことが必要なことくらいでしょうか。
菊芋を分けてほしいという友人たちもいますので、来年度は今年より倍近く植え付けてみたいと思っています。
今から楽しみです。



和の学校仙台分校へどうぞ


カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大に取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しなどもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ