FC2ブログ

風の森通信 第2191号






・古希といふ齢にこだわる吾がゐて旅の誘いにためらいている

・ながらえて古希になりたる脳細胞過去も朧になりて安らぐ

・七十年も生き来し体浴槽に両手をさすり足もさすりぬ

・平凡に生きゐることの幸せにヘルマンハープの音色優しき

・異世界の切符のように落ちている小鳥の羽よ旅に出ようか




和の学校仙台分校へどうぞ

風の森通信 第2190号


2019泉ケ岳悠・遊フェスティバルに
  〝ハープアンサンブル風のスマイル〟が出演



◆日時:2019年9月29日(日)9:45~15:30
◆場所:オーエンス泉岳自然ふれあい館、泉ケ岳スキー場周辺
◆演奏:ハープアンサンブル風のスマイル 10:40~11:00(20分)


《写真撮影:米本正広氏》




 天気予報の降水確立が40%だったにもかかわらず青空も見え、海抜500メートルの会場は暑くもなく寒くもなく最高のフェスティバル日和。
会場には多くの家族ずれが訪れていました。
友人・知人そしてヘルマンハープ倶楽部 仙台の倶楽部員の方にも来ていただき感謝申し上げます。
演奏したのは山に関する曲や、子供たちがたくさん来てくれたので楽しい曲を演奏しました。

 20分間という限られた時間でしたが、音響設備も整っていてご来場の皆様方には素敵なヘルマンハープの音色をお届けすることができました。
設備的にもミキサーからファンタム電源を供給してもらえたので、持参したコンデンサーマイクも使えたのもありがたいことでした。大出力のアンプだったこともあり会場の隅々までハープの音色をご紹介することができました。ご準備いただきました実行委員会の皆様方に感謝申し上げます。
ヘルマンハープは野外演奏も十分可能だと分かり自信を深めることができました。

 私たちは会場内で最初から着ぐるみで出演しました。
多くの子供たちから手を振ってもらったり、着ぐるみを手で触ってくれたり、「かわいい!」とまで言われ、歳を忘れて愛嬌をふりまいてきました。
また、スキー場のリフト券も無料だったので乗ろうとしたら、係員の方が笑いながら「野生の動物は乗れません・・・」と言ってもらいながらも乗せていただくことができ山頂まで。リフトで昇る途中、降りてくる多くの子供たちからも手を振られてここでも人気者。
このような演奏会場やリフトでの着ぐるみは〝七難隠す〟道具なのかもしれません。
他のステージイベントを拝見しながら、地元根白石産の野菜を使った芋煮やおにぎりもいただいたり、このフェスティバルで私たちも大いに楽しむことができました。

 ハープアンサンブル風のスマイルの今後の演奏予定ですが、通常の演奏会の他に12月は複数回のクリスマスコンサートを開催いたします。
今年は新しい曲も追加して演奏予定です。
多くの皆様方のご来場をお待ちしております。
開催日程等が決まりましたら改めてご案内申し上げます。




和の学校仙台分校へどうぞ

風の森通信 第2189号


秋の家庭菜園


 この季節の菜園で個性的な色といえばこの二色!

 今年初めて植えてみた「シカクマメ」


花は淡い水色をしていて儚げですが、一瞬で見ている私の心を癒してくれるのです。


採って湯がいてポン酢でいただきましたが、どちらかといえばサラダに入れるのが似合っているのかもしれません。
いろいろな食べ方がありそうです。


 もう一つは「トウガラシ」


一株さえあれば一年分は使える量を収穫できます。

 以前親しい先輩のお母さまから〝トウガラシ君〟と呼ばれかわいがっていただきました。
ちなみに私の苗字は〝冨樫(トガシ)〟です。



和の学校仙台分校へどうぞ

風の森通信 第2188号


2019泉ケ岳悠・遊フェスティバルに
  〝ハープアンサンブル風のスマイル〟が出演します



◆日時:2019年9月29日(日)9:45~15:30
◆場所:オーエンス泉岳自然ふれあい館、泉ケ岳スキー場周辺
◆演奏:ハープアンサンブル風のスマイル 10:40~11:00(20分)


《写真をクリックすると文字が拡大されます》


 当日はステージイベントやフィールドイベントが行われ、注目イベントとして「大抽選会」「ポニーひき馬体験」「移動式駄菓子屋さん」が開催されます。
また仙台平野を一望できる、泉ケ岳スキー場リフトが無料運行されます。

 ハープアンサンブル風のスマイルとして初めての野外演奏となります。
山に関する曲を演奏する予定です。
多くの皆様方のご参加をお待ち申し上げます。

■お問合せ:泉区まちづくり推進協議会事務局(泉区まちづくり推進課内)
  022-372-3111(内線6137)


和の学校仙台分校へどうぞ

風の森通信 第2187号


   仙台白百合学園茶道部学園祭茶会


 第64回仙台白百合学園祭が8月31日(土)~9月1日(日)まで開催されました。
今年の学園祭のテーマは“Rainbow”


Rainbowのようにそれぞれの色を保ちながら、全体として大きな調和を生み出すことを願ったものです。
この学園祭を通して個性豊かな白百合の生徒たちが、どのように“Rainbow”を表現してくれるでしょうか。
今年も寺岡市民センター「子供茶道教室」の子供たち、そして父兄の皆さま方と一諸に茶会席に伺いました。


床  紹尚和尚筆   日々是好日


 花      槿
 花入    高取 瓢      八仙造

  釜    肩衝        浄栄造
  水指   花鳥末広      徳泉造
  薄器  月明かり蒔絵中棗  猶司造
  茶杓  剛山和尚作  銘  和楽
  茶盌  色絵緊迫雲  菊  昭阿弥造
  蓋置  三つ兎       閑人造
  建水  萩
   御茶 芭蕉の白       芭蕉園詰
   菓子 虹          モリヤ製



お棗は津軽塗、蓋の上には満月がきれいに描かれいます。
側面は漆の部分の艶が落とされていて、落ち着いた雰囲気の姿です。


蓋置は三匹の兎が餅つきをしている姿がかわいいものでした。


今年の学園祭のテーマの“Rainbow”にちなんでモリヤ製の〝虹〟ふっくらとしていてとてもおいしゅうございました。
懐紙には黄色の兎も描かれていてもう秋の風情です。



 席入されたのは約20名の皆様方。
生徒の父兄の皆さまや地域の皆さま方で満席でした。
小さい子供さんたちも、立礼席で点てていただいたおいしいお茶とお菓子を楽しまれたようです。

 多くのお客様が秋の風情のお道具、茶道部が代々受け継いできた大切なお道具で、丁寧に点てていただいたお茶は誠においしいものでした。
浴衣を着た25名の茶道部員の、心あたたまるおもてなしを存分に楽しむことができたのです。
来年のお席も今から楽しみです。


和の学校仙台分校へどうぞ



カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大と、ヘルマンハープ演奏にも取り組んでいます。
昔からあった美しい東北の四季、それを彩る催しそして癒しの音色などもお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ