fc2ブログ

風の森通信 第2332号


夕暮れ


 6月だというのに仙台市内の最高気温が35.1℃
風が強かったのであまり汗をかくことはありませんでしたが、夏本番となる8月はいったいどうなるのだろうか。


家庭菜園の隣の田んぼに映る夕日



家庭菜園の脇を流れる農業用水路に映る夕日



風の森通信 第2331号


グミの季節


 さくらんぼの次の楽しみは〝グミ〟
庭にちょうど真っ赤に実っています。


 北海道の義兄の庭にあった苗木を頂いて植えていたもので10年近くなります。
まだ2m程の高さで40個ほどとれるでしょうか。
こちらのグミより渋みが少なく口に残りません。
ほんのり甘さがあって収穫したらジャムを作る予定です。


風の森通信 第2330号


荒谷地区さくらんぼ農家訪問


 山形市荒谷地区は山寺立石寺に向かう途中にあり、さくらんぼ農家が多数点在しています。
荒谷地区の目印となるのは〝北畠神社〟の付近。
この地域の農家さんは、さくらんぼの他にリンゴの木を数多く所有されています。

 昨日収穫されたさくらんぼは、翌日早朝から作業場でサイズ毎に一個ずつ選別する選果作業。
ちなみに本日のさくらんぼの品種は〝佐藤錦〟
このさくらんぼは果皮は鮮やかな紅色、糖度が高くて酸味は少なく果汁を豊富に含んでいます。
品質の高さはもちろん、収量も山形県内を中心に多いことから、長年にわたり日本のさくらんぼ市場でトップシェアを維持し続けている品種です。


 サイズを決めるのはこの「さくらんぼ出荷基準」というもので、厚手の紙に右からM・L・2Lそして3Lと4つの穴が開けられています。


 例えば2Lのサイズは直径25mm以上28mm未満と定められています。
さくらんぼの一つひとつがその穴に合致しなくてはなりませんので、その穴を通り過ぎてしまったらワンランク下のLサイズとなるわけです。
試しに私もやってみましたがサイズが思うように識別できず時間がかかります。
作業される方々はとてもスピーディー。
さくらんぼで一番人数が必要で大変な作業がこの選果実作業と最後の箱詰作業。


(2Lサイズ:1パック500g)


 さくらんぼの甘さと輝きは格別ですが、このような裏方の作業もあってはいじめて私たちはいただくことができます。
持ち帰るさくらんぼを準備してもらっている間に、完熟したさくらんぼをおまけとして沢山いただいてくることができました。
さくらんぼ農家さんを訪れたからこその甘さと大きさに感謝です。
来年も荒谷地区のさくらんぼが今から楽しみです。

風の森通信 第2329号


〝山桜桃(ユスラウメ)〟


 今の季節、庭に“ユスラウメ”の実がたくさんなっています。
私はそのままとって口に運ぶだけ。
ジャムやジュースにしたり、果実酒にして飲む方もいるようです。



 果実はほんのり甘くて酸味が程よくあり、さくらんぼに似た味がします。
これを採り終える頃、例年山形ではさくらんぼの収穫時期になってきます。
最盛期は今月の20日過ぎ頃からでしょうか。


 名前の由来である〝ゆすると実が落ちるから〟というので試しにゆすってみました。
強くゆすると確かにたくさん落ちてきます。
でも直接地面に落ちたり葉影に隠れてしまうため、探すのが大変なので私は直接手で収穫しました。
収穫量は1本の木から1.5kgほど。
その半分の重量が種と想定し、実際の収穫量は約750gでしょうか。


〝ユスラウメ〟の効能は、疲労回復、免疫力アップそして冷え性に効果があるようです。
今年は自家製ヨーグルトにかけていただくことにします。

風の森通信 第2328号


〝SSTR〟というバイクイベント


 在仙デジタルアート作家のYASUさんから、SSTR というバイクイベントに参加したときの模様を寄稿していただきましたので、ブログ「風の森通信」ご購読の皆様方にご紹介させていただきます。
頂いた写真を拝見していると、デジタルアートのテーマが分かるような気がします。
以下YASUさんからのコメントです。


 SSTR(サンライズ・サンセット・ツーリング・ラリー)とは太平洋側の海岸から日の出とともに出発して、石川県の千里浜海岸に日没までゴールするというイベントです。

途中指定された道の駅数か所に寄ることが義務付けられています。

 私は閖上漁港を朝4時18分に出発して千里浜にゴールしたのが夕方6時。
この日の走行650Km(うち高速130Km)

 2日目は能登半島一周し(350km)、3日目は志賀草津高原絶景道路を走って(400Km)、 4日目は日光経由で帰ってきました(400Km1日中雨)、総走行1,800Kmでなかなかの強行軍。


GOAL:宝達志水町で仲間たちと
《 写真をそれぞれクリックすると拡大されます 》




能登



能登



能登



志賀草津



志賀草津


 バイク乗りはスキー感覚と同じです。
バイクで峠を早く走る練習しているとき、まさしくスキーのパラレルやウェーデルンの練習をしてた時と同じだなと思ってます。
バイクの運転もコーナーの外足に過重するとか、頭は垂直とかいろいろあるんですがスキーとまったく同じです。
結局バランスとって曲がるには同じようなことが必要なんです。
スキーの一個一個のターン毎に

  うん!上手く曲がれた!
  ちょっとエッヂが弱かった!

など一喜一憂しますが、バイクもカーブを曲がる度に同じことを考えています。
これが面白くて数十キロの峠越えもあっという間に終わります。 
またまっすぐな道路では景色が良く見えてきます。
走ってるときは日頃のことは空っぽになるものです。
ほんと!
最近はこの空っぽ状態が家に着いてからも持続するようになり、家内の怒りに触れることが多くなりました、、、(笑)

(YASU)


カレンダー
07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大そして、昔からあった美しい東北の四季とそれを彩る催しを発信していきます。ドイツで生まれたVEEH HARFE(ヴィーハープ)演奏にも取り組み、癒しの音色をお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ