FC2ブログ

風の森通信 第2264号


2021 泉 「伝城一本桜」



 家庭菜園から北に約150m程のところに「伝城(でんじょう)一本桜」があります。
近寄ってみたところちょうど満開でした。
立地的には田んぼの中にぽつんと一本だけあって、誰も訪れる人も無く私一人だけの贅沢なお花見です。
茶箱を持っていったので「花点前」で自服しました。
 
 泉「伝城一本桜」の樹高は約8m、樹齢は約130年ほどで色は淡い紅色。
一重ではありますが、満開になった姿は美しくそして大迫力。正面から眺めていると、多くの枝が風に揺れる様は波打つようでまさに圧巻。
 
 開花の時期はソメイヨシノより1週間ほど後に咲くと言われていて今がちょうど見頃です。
ソメイヨシノの寿命は70~80年だといわれていますが、しだれ桜は300年以上になることが多く、大きく成長することから全国的に天然記念物に指定されているものも数多くあります。
東北近県では福島県の「三春滝桜」それに秋田県の「角館のしだれ桜」が特に有名でしょうか。

 泉「伝城一本桜」はまだ名木の指定は有りませんが今から楽しみにしています。
このように近くで見られるのは誠にありがたい。





 「桜」という言葉。
「サ」は穀物(稲)の精霊と「クラ」は神が座す場所。
雪が消えて冬が終わり、穀物の精霊が舞い降りて来る場所。
それが「サクラ」という語言説であると、京都の写真家である吉田明彦氏より教えていただきました。
雪国に住む者そして稲作の盛んな東北人にとってうなずけるものです。

風の森通信 第2263号


桜の季節の散歩コース


 仙台は穏やかなお天気で、最高気温も16℃まであがり5月上旬の陽気です。
親しい友人たちと一緒に櫻岡大神宮に参拝の後、西公園から国際センター駅まで巡ってきました。
友人にとってはいつもの散歩コース。
広瀬川が間近に流れていて緑が多く、名所旧跡も数多くあって歴史も楽しめるという羨ましい環境にお住まいです。


青葉区 西公園




愛姫櫻(めごひめざくら)


 国の天然記念物で日本三大桜の一つに数えられる福島県三春町 の「滝桜 」の子孫樹が、平成18年12月18日西公園 の南端に植樹されました。子孫樹は三春から仙台藩祖伊達政宗に嫁いだ正室愛姫 (めごひめ)にあやかり「愛姫櫻」と命名されています。


仙台大橋


 仙台大橋は仙台城のすぐ手前にある橋で、真っ白い橋でとても趣きがあります。
東側には櫻岡大神宮、西側には仙台城があります。
江戸時代はここには仙台城大手門と東の仙台城下を結ぶための橋が架かっていたようです。
仙台大橋を渡れば左手に、日本におけるフィギュアスケート発祥の地として有名な五色沼。


仙台大橋から望む広瀬川


 大橋からは清々しい広瀬川と背後にそびえる仙台城が見えます。ここからの眺めは広瀬川の素敵なスポットの一つとなっていて、近くには、仙台国際センター、仙台市博物館、東北大学などの文教施設等がたくさんあります。


桜の小径 大橋口



地下鉄東西線「国際センター駅」


 駅舎上部は、多目的スペースや芝生が広がる屋外テラスからなる「青葉の風テラス」があります。
休憩場所や展示会、ミニコンサート・ワークショップなど様々な目的に使うことができるようになっています。


駅1階インフォメーションコーナー



駅2階の多目的スペース


 地下鉄国際センター駅にも立ち寄ったので、1階のインフォメーションコーナーと2階の多目的スペースの下見をしてきました。
コロナが落ち着いてから〝ハープアンサンブル風のスマイル〟のコンサートを開催したいと思っています。

風の森通信 第2262号


心を整える


 仙台はようやく雨があがりました。
気温も11℃まであがってくれそうです。

 昨日は大雨の中、釣釜での初炭手前、桑小卓を使っての茶通箱そして総荘でした。
茶室には雨音そして風の音がよく聞こえてきました。自分も自然の中に居るのだと、、、

 私にとって裏千家茶道は「心を整える」ための向き合う時間です。
心が塞いだり、迷いや不安があったとき
「あぁ、、私にはお茶があったのだ!」と思うだけで何度も救われてきました。

 先程自服して頂きました。
お茶は鵬雲斎大宗匠好の「翠芳の白」
お菓子はリンツのチョコレート。


この組み合わせがなかなかおいしゅうございます。


風の森通信 第2261号


いのちの歌

 
作詞 Miyabi(竹内 まりや)
作曲 村松 崇継


 生きてゆくことの意味
 問いかけるそのたびに
 胸をよぎる愛しい 人々のあたたかさ
 この星の片隅で めぐり会えた奇跡は
 どんな宝石よりも
 たいせつな宝物


 泣きたい日もある
 絶望に嘆く日も
 そんな時そばにいて 寄り添うあなたの影
 二人で歌えば 懐かしくよみがえる
 ふるさとの夕焼けの 優しいあのぬくもり
 本当にだいじなものは 隠れて見えない
 ささやかすぎる日々の中に
 かけがいない喜びがある

 いつかは誰でも
 この星にさよならを する時が来るけれど
 命は継がれてゆく
 生まれてきたこと 育ててもらえたこと
 出会ったこと 笑ったこと
 そのすべてにありがとう
 この命にありがとう


 人はなぜ生きているのだろう?
生きるといのはどういうことなのだろう?
大震災から10年を前に自問自答しています。

「人人悉道器」(にんにんことごとくどうきなり)

 父母から命を授かって生きている私たちは、一人ひとりなくてはならない大切な存在です。
必ず何かの道器(役割)を持って産まれてきているのだと信じています。

 大震災で残された一人として日々生きていることに感謝し、どんなに小さなことでも大切に丁寧に、そして懸命に生きることが私たちに託された使命だと思っています。
いまこうして皆さま方と出会えたこと、いつも温かい気持ちで接していただいていることに感謝申し上げます。

 村松さんが語り掛けるように歌っています。
コロナ下での卒業式で「いのちの歌」が歌われるとも聞いています。
ハープアンサンブル風のスマイルも「いのち」の意味をかみしめながら、ゆったりとハープで弾いてみたいものです。


ハープアンサンブル風のスマイル 冨樫 通明


風の森通信 第2260号

~ヴィーハープの調べ~

「幸町生涯大学~ヴィーハープの調べ~」を開催いたしました。

◆日  時:2021年2月18日(木)
      10:00~10:40
◆場  所:仙台市幸町市民センター
        2階 第1和室
◆講座名:幸町生涯大学
◆奏  者:ハープアンサンブル風のスマイル
◆曲  目:
   ・歌の翼に
   ・見上げてごらん夜の星を
   ・Woman (Wの悲劇)
   ・川の流れのように
   ・浜辺の歌
   ・愛につつまれて
   ・千の風になって
   ・日だまりの詩
   ・旅立ちの日に
   ・オー・ソレ・ミオ 他 
   (都合により曲目が変更になる場合があります)


仙台市幸町市民センター


◆関連情報→https://www.sendai-shimincenter.jp/miyagino/saiwaichou/index.html





写真撮影:幸町市民センター・大友様



ハープアンサンブル風のスマイル 冨樫 通明

カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

 冨樫 通明  (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)

Author: 冨樫 通明 (仙台市在住 ・ ぎゃらりー風の森代表)
NPO法人和の学校会員、和の学校仙台分校会員。
茶道を中心とした「和の文化」の実践と普及・拡大そして、昔からあった美しい東北の四季とそれを彩る催しを発信していきます。なたドイツで生まれたVEEH HARFE(ヴィーハープ)演奏にも取り組み、癒しの音色をお届けしていきます。

リンク
ブログ検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
いくつになったの?

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ